hyousya2

個人と業者の現金化はどっちがいいの?

クレジットカードを使って簡単にお金を調達できる方法、それがクレジットカード現金化です。

このクレジットカード現金化とは、一言で言うと、カードを使って商品を買い、その商品を換金してお金に変えることです。

 

この現金化は専門の業者を間に挟んで行う方法と、自分の力で買った商品を転売する方法があり、どちらのやり方にもメリットとデメリットがあります。

業者現金化のメリット

専門業者を間に挟んで行う現金化のメリットは、簡単で手っとり早くお金を手に入れられることです。
業者の指示通りに商品を購入し、(あるいは買ったことにして)その見返りにキャッシュバックを受けるのです。

 

このやり方だと業者が上手くやってくれるので、カード会社にカードを停止されたりすることはそうありません。
なので、安全性の高さと言う意味でもメリットがあります。

業者現金化のデメリット

もちろん、専門業者を使った現金化にはデメリットもあります。

 

それは還元率が低いことです。
なので、業者に任せると便利なかわりに、もらえるお金が減ってしまいます。

個人現金化のメリット・デメリット

これとはメリット、デメリットが真逆なのが、業者を使わずに自力で現金化を行う場合です。

 

自力で商品を仕入れてオークションなどで転売するという性質上、還元率は高いかわりに手間がかかり、非常に面倒です。

 

また、転売がカード会社にばれてカードを止められる危険性があります。
なので自力で現金化する場合、根気と要領のよさがいります。

 

業者を使う現金化、使わない現金化、どちらのやり方も一長一短ありますので、すぐに現金が必要かどうか、還元率が低くても我慢できるのか、こういったことを考えながら、どうやって現金化するのか決めた方が良いでしょう。

個人・業者の現金化メリットまとめ

現金がどうしても手元に必要な時というのは確かにありますが、そんな時に有効なものとしては消費者金融などのキャッシングがあります。

ですがキャッシングというものはまず審査を通過しないといけないので万が一落ちてしまうと借入が出来なくなるのは当然ですね。

 

そういう人におすすめされるのがクレジットカードの現金化というものであり、こちらはすでにクレジットカードを持っている場合には特に追加で審査が要らないというのが大きな違いとなっています。

【 クレジットカード現金化 】にはいくつかの方法がありますが、主に、個人でする場合とネットなどの専門業者を利用する場合の2種類があります。

個人の現金化

個人での現金化に関してはギフト券などをクレジットカードで購入した後に自分の足で換金ショップなどに行って、ギフト券などを売ることによって現金化を行います。

 

こちらは換金率がかなり高めとなる一方で自分の近所に換金ショップが無いなどの場合には、日数もかかり、とても面倒くさい手続きになるのがデメリットでしょう。

業者の現金化

一方でクレジットカード現金化の専門業者を使う場合には、インターネット上でその業者が指定する商品を購入して、そして振込をする自分の口座などの個人情報を登録することによって簡単に現金化が出来るようになっています。

 

早いお店だと一時間以内に現金化をしてくれて振込が完了となるため急ぎの現金化という点ではこちらを利用する方が圧倒的に早いのですが、デメリットとしてはその分手数料だけ換金率が低下するという点もあるので注意してください。

 

sinrai2

クレジット現金化業者を初めて利用する場合の注意点とは?

このクレジットカードの現金化業者は、一度販売をした商品を買い取る、もしくは購入した商品に対するキャッシュバックという形をとって、現金化を実現しています。

 

最近では後者のことが多く、実際に購入した商品が送られてきますが、何の価値もないキーホルダー1つのようなことがほとんどです。

これはあくまで現金化の為にそういう形をとっているだけなので、利用額に関わらず、送られてくる商品自体には期待しないでください。

 

クレジット現金化業者を選択する際、どうしても気になってしまうのは、その換金率でしょう。

 

中には95%などと高い換金率をうたっている業者もありますが、現実ではそのような高い率での換金は無理だと考えてください。

 

換金率自体は高くても、利用の際に掛かる手数料などを引かれると、実際には85%以下になってしまうことがほとんどです。

この見掛け上の換金率だけで決めないように気を付けてください。

 

現実的には10万円程度の利用の場合、80%以上での還元は難しいです。

ホームページ上では換金率しか表示していない業者がほとんどなので、必ず電話などで手数料などを差し引いた実際の振込額を確認してください。

これは表には書かれてはいないことがほとんどです。

 

ズバリ、「いくら分を換金したいが実際に振り込まれる額はいくらになるのか?」という聞き方で構いません。

これにはっきりと答えずはぐらかしたり、答えてくれない業者は利用しない方がいいでしょう。

 

曖昧にしている業者が多い業界ですので、振込額をハッキリと明記している優良業者は、とても貴重です。

 

この現金化は、利用金額が大きいほど業者に利益が出るシステムになっています。

その為、高額になっていくほど多少ですが、換金率が上がります。

 

例えば10万円未満では88%でも、10万円以上になると89%といった感じです。

実際にはここから10%程度の手数料などが引かれますが、元の換金率は少しでも高いに越したことはありません。

 

この換金率は利用額によって段階が設けられているので、うまく換金率が上がるような額で申込を行いましょう。

 

また、即日振込を行ってくれる業者を利用することが大事になります。

 

早い場合、申込から10分足らずで振込が受けられます。

この現金化のシステムでは、クレジットカードのショッピング枠に利用額分の空きさえあれば、特に審査のようなものは行わません。

 

もちろん銀行の営業時間などもありますが、平日の午前中に申込を行っても即日振込をしてくれないような業者は利用してはいけません。

このいつ振り込まれるかということも、必ず最初に確認しておきましょう。

 

優良な業者は、先ほど挙げた実際の振込額、そして振込が行われる時間などをきちんと答えてくれます。

利用する前に、これらの点を聞いてみましょう。

 

そして、この現金化の注意点は、実際に振込を受けた金額より高いクレジットカードの請求(リボ払いの年利15%程度)がくることです。

 

すぐに現金化できるのは大変便利ですが、後日に1割5分程度余計に支払いを行わなくてはいけません。

現金化業者はこの点も熟慮した上で利用してください。