シングルマザーはお金に困った時には金融機関からのキャッシングを利用する方法もありますが、金利のかかるキャッシングを利用するよりもシングルマザーの支給される国や自治体からの手当や支援制度を利用することを考えましょう。

国や自治体からシングルマザーが利用できる支援制度は主に3つあります。

 

一つ目は 母子父子寡婦福祉資金貸付制度です。

これはシングルマザー、シングルファーザーの経済的自立を支援するための貸付制度で保証人は原則不要です。

 

たくさんの目的でお金の貸付を受けることができますが、一部の貸付金以外は金融機関などは比べ物にならないくらい低金利ではありますが、有利子となります。

 

二つ目には女性福祉資金貸付制度です。

こちらはシングルマザーだけの制度ではありませんが、シングルマザーも利用することができます。

 

こちらも保証人は原則不要です。

やはり一部の貸付金以外は低金利ではありますが、有利子となっています。

 

最後に生活福祉資金貸付制度です。

これは上記の二つの支援制度を受けられない人で低所得所帯を支援する制度です。

 

小口の資金に対応しているのが特徴で、保証人は原則的に必要ですが、低金利の有利子にすることで保証人不要で利用することができます。

 

これらはすべて無利子か低金利で利用することができるのでシングルマザーにとって非常にありがたい制度であると言えますが、国や自治体の制度とは言え貸付ですから、貸付が行われるまでに審査が必要となります。