海外旅行と言えばクレジットカードといったイメージでしたが、ここ最近、海外プリペイドカードを利用する人が増えてきています。
海外プリペイドカードとは、事前に日本国内で入金をしておき、海外旅行先でATMからキャッシュカードとして現地通貨を引き出したり、買い物や食事などをした時の支払いにクレジットカードとしても利用できるカードです。

 

海外プリペイドカードのメリットは、何と言っても利用限度がわかりやすいところです。クレジットカードだと、どんどん利用できてしまうので、つい海外でお金を使い過ぎてしまうなんてことがよくあります。その点、海外プリペイドカードは予め入金した分しか利用することができません。そのため、利用限度額がきちんと明確になるので、使い過ぎを防ぐことができるのです。もちろん、旅行先で足りなくなったとしても、ネットバンキングを利用すれば海外でも再入金が可能なので安心です。

 

この他のメリットとしては、万が一盗難に遭ったとしても、被害を最小限に抑えることができるところです。盗難に遭った際には、すぐに自分でインターネットの専用サイトから利用を停止することもできますし、発行会社に連絡して不正使用を防ぐこともできます。暗証番号ロックもされているので、不正使用の可能性も低いです。ただもしも不正使用されたとしても、銀行口座にはリンクしておらず、無制限には引き出せないので、被害も少なくて済みます。

 

海外プリペイドカードには、使い過ぎを防ぎたい人、盗難の被害を極力抑えたい人、海外旅行をするのが初めての人などに最適です。マネパカード、NEO MONEY、キャッシュパスポート、MoneyT Globalなどがあります。それぞれ手数料や限度額などに違いがありますので、旅行プランに合わせて選びましょう。