本来、銀行や消費者金融業者は法律で決められたルールに従ってお金を貸しています。

しかし、闇金は、こうしたルールを無視した金貸し業を行っています。

 

例えば、出資法に定められている上限金利を超えてお金を貸すことは法律に違反します。

ですが、闇金ではその法律を無視して高い金利での金貸しを行っています。

 

また、夜中に取り立てに来るなど、かなり強引な方法でお金の回収しようとすることが多いです。

脅迫めいた電話がかかってきたとしても、決して脅しに従ってはいけません。

 

こうした脅しの電話など、本人だけでなく、家族や周りの人へと徐々にその被害が拡大してきますので、早期に闇金問題対策を取る必要があります。

 

こうした闇金との関係を切るために一番大切なのは、弁護士や司法書士といった専門家に間に入ってもらうことです。

闇金問題を扱っている法律事務所に相談するのがおすすめです。

 

法律のプロである弁護士に依頼することで、法的手段によって解決へと導いてくれます。

弁護士を依頼する費用がないと思っても、相談は無料であることが多いですし、費用は分割で支払うこともできますので、まずは早めに相談することをおすすめします。

 

闇金問題が解決するまでの期間は、弁護士事務所などによっても違ってきますが、闇金に強い事務所であれば、即日中に嫌がらせや取り立てをストップできる場合もあります。

プロの犯罪集団である闇金業者の方も、法律のプロである弁護士が介入してきた時点で諦めることが多いです。

 

解決までも、そう時間がかからないことも結構あります。