漁業関係の仕事をしている、いわいる漁師の人はお金を借りる事ができるのでしょうか?

 

漁師をされている人は、不安定な職業と思い込んでいる人が多くいるそうなのですが、実は漁師という職業は世の中の景気にあまり左右をされず、台風や時化などで海へ出られない時以外は稼ぐ事のできる仕事なので、実際に漁師本人や身内が思っている以上に収入を得ることが出来る仕事と言えるのです。

 

しかし、船のメンテナンス代金や新しい機械の投入、燃料代とかかる必要経費も月によって違うので、融資が必要な事もあると言えます。

そこで漁師と言う職業の人が実際にお金を借りるとなると、貸してくれるところはあるのでしょうか?

 

その答えはYESです。

大きく言って、漁師の場合は3つの金融機関から融資を受けることが出来るのです。

 

一つ目は普通のサラリーマンや自営業の方が融資をしてもらう銀行からの融資です。

銀行からの融資となると、前年度の収入の証明や安定している収入があるかな?ないかで、借りられる額も変わってきます。

 

二つ目は生活に必要な資金とは別になりますが、日本政策金融公庫は漁業経営改善支援金として融資の相談に乗ってくれます。

 

そして三つ目がフリーキャッシングです。フリーキャッシングは借り入れが出来るかどうかの審査を、無記名で三秒診断をしてから、実際に申し込みをする事が出来るシンプルな手続きが出来ます。

 

大きく分けて、漁師の方にはこの三箇所でお金を貸してくれる場所となるので、金額と用途別にお金を借りる場所を考えて、決めることをお勧め致します。