水商売をしている人でも消費者金融などを利用してお金を借り入れることはできるのでしょうか。答えはできます。

しかし、実際に借り入れをする際にはいくつか気をつけておきたいことがあります。今日はその点を記します。

 

まず、最初に注意する点は安定した収入を得ている必要があるということです。

消費者金融にとって重要なのは職業よりも、安定した収入があるかどうかという点です。

 

ですので、例えば水商売だとしても安定した収入があれば問題ありません。

しかし、注意したいのはできるだけ出勤日数が多いほうが審査の際には有利になるという点です。

ですので、出勤日数が週に1、2日ぐらいであればできるだけ増やすようにしましょう。

 

さて、次に注意することは何でしょうか。それは在籍確認の電話にしっかりと対応するということです。

 

キャッシングなどを利用する際に行われるのが審査です。

そして、審査の際に行われるのが在籍確認です。

 

これは実際に申し込んだ際の職場に在籍しているかどうかを確認する電話です。

そして、これは水商売でも関係ありません。営業している時間に確認の電話があるのです。

 

それで、確実に在籍確認の電話に応対するために、申し込みの際に出勤時間などを伝えておくようにしましょう。

そうすれば確実に在籍確認に応対することができます。

 

仮に職場にばれたくないのであれば、前もってスタッフなどにクレジットカードの審査の電話がかかってくるかもというようなことを伝えておくことができます。