お金を借りるといえば、消費者金融か銀行から借りるのが普通ですが、実は生命保険を使ってお金を借りることも出来ます。

 

この場合、掛け捨ての生命保険ではなく、解約したらお金が戻ってくる資産型の生命保険に入っている必要があります。
終身保険など、資産と言える生命保険の場合、解約すると解約返戻金というお金を入手することができます。

 

これを担保にすることで、お金を借りることが可能になるのです。

 

この解約返戻金を担保にしてお金を借りる場合、いくつか注意すべきことがあります。
まずひとつめは、担保である解約返戻金を超える金額を借りることは出来ないという点です。

 

だいたい(借りられたとしても)解約返戻金の9割弱くらいしか借りることができないので、それ以上のお金を借りたい場合、銀行のカードローンなどと併用してお金を借りるといいでしょう。

 

ふたつめに気をつけることは、仮にお金を返せなくなった場合、解約返戻金が帰ってこなくなるという点です。
この解約返戻金は、もともと自分の資産のようなものなので、これを担保にして借りたお金が返せなくなったからといって、金融ブラックになることはありません。

 

しかし、その分の資産が失われることだけは覚えておくといいでしょう。

 

これらのことをまとめると、生命保険を担保にしてお金を借りることは可能です。
ですが、それには解約返戻金という担保がいる上に、もしお金を返せなくなった場合、解約返戻金という資産が返ってこなくなりますので、生命保険を担保にお金を借りるなら、この辺のことも考えた上でお金を借りることをお勧めします。