日本国内には、大手消費者金融だけでなく、中堅消費者金融いわゆる中小消費者金融が多数営業を行っています。

これら中小消費者金融の魅力は、銀行や大手消費者金融の審査が通過できない場合でも借り入れできる可能性があるということです。

 

銀行や大手消費者金融の場合、契約審査の殆どがシステム的に行われ、スコアリング審査で条件にマッチングしない申し込みは除外されてしまう上、個人信用情報の照会で過去に事故履歴があるだけで審査落ちしてしまいます。

 

そのため、現在では他社借り入れもなく、返済能力があったとしても、借り入れが出来ません。

また、大手消費者金融の場合、他社借り入れ件数が4社を越え、金額が少額であってもシステム的に除外されていまいます。

 

一方、中小消費者金融の場合、大手消費者金融ではカバーしきれない部分を社員が目を通し、融資を行う傾向にあります。

返済能力があるのにも関わらず、過去の信用情報だけで借り入れできない人をターゲットにする毎で、収益を得ることがことになります。

 

中小消費者金融は独自審査基準による柔軟対応を行っているため、審査が甘いと考えがちですが、審査を通過できるのは確実に返済が履行されると判断された場合になった場合です。

結果として、金融ブラック全ての方が借り入れ出来ないというのが事実です。

 

また、中小消費者金融で借り入れできないケースとしては、既に総量規制に抵触すなわち年収制限を超えているケースや他社借り入れ件数が多く多重債務リスクが高いと判断される場合になります。

 

これらに該当せず審査に通過できない場合は、個人信用情報における与信状況が著しく悪い可能性があり、中小消費者金融でも借り入れは難しくなります。

中小消費者金融を利用できない場合は、債務整理寸前という見方もできます。