様々な理由で転職を希望する人はいますが、全ての人が転職に成功するわけではありません。

なぜ自分は面接で落とされてしまうのか、ある程度でも原因がわかると成功確率を上げられるでしょう。

 

最初に必ず覚えておきたいのが、100%本人が悪いわけではないことです。

転職を希望する人がその会社に魅力を感じても、会社側が欲しいと思う人材ではないことがあるからです。

 

単なる相性の問題ですから、面接で落とされたとしても自分の存在を否定しないようにしましょう。

実際に大勢の人が転職の面接に落ちています。不採用になったら気持ちを切り替え、新しい求人情報を淡々と集めれば良いだけです。

 

しかし、単に相性が悪かった、運が悪かったことだけを原因にするのは良くありません。

別の原因で落とされている可能性も十分に考えられるからです。

 

面接では見た目が重要です。

やりすぎる必要はありませんが、ある程度は身だしなみを整えるのがマナーです。

誠実な印象を面接官に与えます。

 

自分の強みを面接官に伝える努力を怠らないようにしましょう。

転職の場合、新卒とは違って即戦力を求められることが多いです。

 

以前の職場でどのような仕事をしてきたのか、何ができるのか、資格を持っているのかなど、自分を採用すれば会社にとってメリットがあることを相手に理解してもらう工夫をしましょう。自分の強みを伝えるのが苦手なら、民間の転職支援サービスで面接の練習を積み重ねると、採用確率を上げられます。