一般的に、最も葉酸が必要になるのが妊娠前から妊娠初期までとされています。

というのも、赤ちゃんができてから活発に細胞分裂を繰り返すこの時期に妊婦の身体を葉酸で満たしておくことにより、DNAやRNAの合成を促進して成長をサポート、脳や脊髄が正常に育つために不可欠だからです。

 

葉酸が不足してしまうと赤ちゃんが先天性の障害を背負ってしまうリスクを高めたり、流産や死産の可能性も上がってしまいます。

しかし、葉酸は食事からでも補えますし、サプリメントを摂取しなかったからといって健康な赤ちゃんが産まれないわけではありません。

 

あくまでも栄養摂取という観点から、より妊婦と赤ちゃんの健康を促進する取り組みの1つであることを知っていきましょう。

そんな中で、母子共に体調管理に必要性を意識をしたら、妊娠初期を過ぎてからでも利用を始めることをおすすめします。

 

赤ちゃんは産まれてくるまでお腹の中で日々成長しますし、その成長をサポートするためにはお母さんが元気であることが不可欠です。

葉酸は不足をすると妊娠高血圧症候群、または胎児発育遅延といった不調を起こす可能性もありますので、出産までは毎日480μg程度を摂り続けることを推奨されています。

 

そのためにもサプリメントは手軽です。

造血効果で貧血を予防したり、出産後はこの血液が原料になる母乳の量を安定させます。

 

また、妊娠中や産後のうつの原因となるホルモンバランスの乱れを整えるためにも役立ちますから、心身の元気を維持するために飲んでみてください。