薄毛のコンプレックス解消のために増毛サロンの利用者が増えてきますが、気をつけておきたいのは、増毛でできるのはあくまでも髪の毛が増えたように見た目を整えることのみで、薄毛の根本的な解決にはならないという点になります。

 

増毛サロンでは、今ある髪の毛に人口毛を結びつけたり、人口毛を埋め込んだ特殊なシートを頭皮に貼り付けてボリュームアップを図るといった対策を行うことが可能です。

しかし、いずれも永久的な効果はなく、バランスを保ったり付着させたシートが剥がれないように定期的なメンテナンスが必要になります。

 

また、増毛をすればすぐに見た目を改善できるという即効性があるのはメリットですが、薄毛を治せるわけではありませんので、増毛とは別に育毛対策を行っていかなければ症状はどんどん進行していきます。

 

一方の植毛は、薄毛部分の頭皮に直接髪の毛を移植する方法です。

自身の髪の毛を利用する自毛植毛の場合、定着をすれば他の部位のように髪の毛が成長するようになるという薄毛治療が適うのが特徴になります。

 

ただ、こちらは医療行為となり、薄毛の範囲によっては何度も手術を繰り返さなければならないことや、即効性がなく高い費用がかかるのがデメリットです。

 

増毛サロンの利用は、手軽に薄毛を目立たなくしたい、とりあえずすぐに見た目を改善したいと考えているかたに向いている手段です。

自分に合っている増毛方法を提案してくれるサロンを探せば、植毛よりも安価に自然な仕上がりに仕上げてもらえます。

 

ただし、薄毛がこれ以上広がらないように、頭皮と髪の毛のケアを忘れずに続けていくことも大切です。