大手消費者金融の審査は銀行のカードローンの審査に比べて審査通過率が高いと言われていますが、大手消費者金融の利用条件が20歳以上で安定した収入を得ていて返済能力がある人となっているのでこの条件に該当していないと審査が否決されてしまいます。

安定した収入とは月々にしっかり収入を得ている事で収入が多くても無収入の月があると収入が安定しているとは言えません。そのため審査が可決されるには少なくてもいいので月々にしっかり収入を得るという事が大切になってきます。

 

大手消費者金融は総量規制の対象となっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。

そのため申し込みをする時に借入希望額を年収の3分の1以上の金額にしてしまうと総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまう可能性があります。審査が可決されるには借入希望額を年収の3分の1以下にして収入に見合った金額で申し込むようにしましょう。

 

大手消費者金融は審査の時に他社からの借入件数や借入金額もしっかり確認します。

そこで借入件数が3件以上あって借入金額も多いと総量規制に引っかかってしまいますし返済能力に関しても疑問が出てきてしまいます。

 

そのため審査に否決されてしまう可能性が高いので申し込む時は他社からの借り入れはしていない状態にしておきましょう。

 

大手消費者金融に申し込む時に個人情報や勤務先情報などを入力して申請しますが、審査の時の矛盾が生じてしまうと虚偽の申請をしたと判断されてしまう可能性があります。

そのため信用を失ってしまい審査が否決されてしまうので個人情報や勤務先情報を申請する時は間違いのないように正確に入力しましょう。