ある時期から主婦は、キャッシングをすることが難しいと考えられるようになりました。

その理由は総量規制というルールが登場したからです。

 

総量規制はキャッシングの限度額を設けてお金のトラブルを減らす目的で作られました。

具体的には年収の3分の1以上のお金を借りることはできないというルールです。

 

主婦は収入が0であるケースが多いため、総量規制のルール上、お金を借りることはできません。

一応、救済策として夫の年収の3分の1までは借りることは可能ですが、そのサービスを採用していない消費者金融が多数派なのが実情です。

 

以上の様に、主婦のキャッシングは難しいのですが、例外的なサービスもあります。

それは銀行のカードローンです。

 

銀行のカードローンは総量規制が適用されないため、収入が皆無な主婦でも利用することができます。

カードローンの限度額は100万円以下のところが多いですが、本人確認書類さえ用意すれば利用できる点も魅力的です。

 

また、即日融資を請け負っている銀行は多いため、急にお金が足りなくなった時に重宝します。

 

ただし、簡単に利用できるからこそ、返済計画はしっかり立てなければなりません。

カードローンの返済が遅れるほど、利息額は肥大化していきます。

 

その点は消費者金融でお金を借りた場合と同じです。

余裕ができたタイミングで、一気に返済を済ませてしまうのも1つの手段だと言えます。

 

銀行のカードローンを使い慣れていない人は、銀行の提示する返済額以上のお金を支払わないのが常です。

一気に返済を済ませた方がお得なのは、念頭に置いておくべきです。