お金が急に必要になった場合、カードローンやキャッシングなど利用するケースが多いでしょう。

ウェブサイトから簡単にカードローンなど申し込みをすることができ、その際には本人確認ができる身分証明書の提出が必要になります。

 

運転免許証を持っていなくても、健康保険証やパスポート、写真付きタイプの住民基本台帳カードの提出でOKです。カメラアプリで撮影して、ウェブサイトへ添付すればよいので、スピーディーに手続きができますし、素早く申し込みとカード発行することができ、即日融資も可能になります。

 

即日融資を希望の場合は、申し込みする時間帯や平日など色々と条件があるので、あらかじめ申し込みを希望しているカードローン会社の手続き方法について確認しておきましょう。

 

申し込みの際は、身分証明書が必要なため、写真付きタイプの住民基本台帳カードを持っていない場合、市町村によっては即日で住民基本台帳カードを発行することができるので、朝早くから手続きすべきです。

 

他は、公的証明書で生年月日、名前、現住所、顔写真付きのものがあれば提出できます。

在留カードや特別永住者証明書など外国人の方は提出可能です。また、他に注意すべき点は、本人確認書類に記載の住所が、現在の住所と異なる場合、以下の提出が必要になります。

 

公共料金の領収書や印鑑証明書、住民票の写しが必要になるため、お客様の氏名と現在の住所の両方が記載されていることが条件になります。