otita2

消費者金融でお金を借りられなかった人のための秘策

 

お金に困って借りようと思った時に真っ先に思いつくのは消費者金融だと思います。
大抵の場合は消費者金融でお金を借りる事ができれば問題は解決できますが、条件によっては借入ができないかもしれません。

 

そんな時に最終手段として使えるのがクレジットカードの現金化です。

 

クレジットカードの現金化はカードのショッピング枠で買い物をして商品を売ることによってお金を用意します。
もちろんクレジットカードで商品を購入するわけですから後から支払いをする必要はあります。

 

しかし、既にカードを持っているのであれば新たに審査などをする必要もなく即日現金を用意できるため非常に便利な方法と言えます。

 

例えば消費者金融で借りられるお金には総量規制によって年収の3分の1までと定められています。
しかし、この3分の1にはカードの使っていないショッピング枠も含まれます。
その影響でお金を借りられないといったケースなどではショッピング枠の現金化が非常に役に立つわけです。

 

便利なクレジットカードの現金化にもいくつかデメリットはあるのでしっかり把握しておきましょう。

 

まず、手数料がかかってしまいます。手数料(換金率)は業者によってかわりますが決してお安くありません。
一般的には消費者金融の金利よりも高くつくと考えてよいでしょう。
極端に安い換金率の場合は別途手数料が後付けされる可能性もあるので注意してください。

 

また、クレジットカードの現金化自体は法的にもグレーゾーンです。

 

実際には買い物をしているわけですから取り締まることは難しいのですが、現金化のような使い方はカードの規約にも反しています。
その為、過剰に枠を使い過ぎた場合は、クレジットカードの利用停止の可能性はあります。

 

このようなデメリットがあるためクレジットカードの現金化は本当の最終手段として利用するようにしましょう。