hyousya2

クレジットカードを使って簡単にお金を調達できる方法、それがクレジットカード現金化です。

このクレジットカード現金化とは、一言で言うと、カードを使って商品を買い、その商品を換金してお金に変えることです。

 

この現金化は専門の業者を間に挟んで行う方法と、自分の力で買った商品を転売する方法があり、どちらのやり方にもメリットとデメリットがあります。

業者現金化のメリット

専門業者を間に挟んで行う現金化のメリットは、簡単で手っとり早くお金を手に入れられることです。
業者の指示通りに商品を購入し、(あるいは買ったことにして)その見返りにキャッシュバックを受けるのです。

 

このやり方だと業者が上手くやってくれるので、カード会社にカードを停止されたりすることはそうありません。
なので、安全性の高さと言う意味でもメリットがあります。

業者現金化のデメリット

もちろん、専門業者を使った現金化にはデメリットもあります。

 

それは還元率が低いことです。
なので、業者に任せると便利なかわりに、もらえるお金が減ってしまいます。

個人現金化のメリット・デメリット

これとはメリット、デメリットが真逆なのが、業者を使わずに自力で現金化を行う場合です。

 

自力で商品を仕入れてオークションなどで転売するという性質上、還元率は高いかわりに手間がかかり、非常に面倒です。

 

また、転売がカード会社にばれてカードを止められる危険性があります。
なので自力で現金化する場合、根気と要領のよさがいります。

 

業者を使う現金化、使わない現金化、どちらのやり方も一長一短ありますので、すぐに現金が必要かどうか、還元率が低くても我慢できるのか、こういったことを考えながら、どうやって現金化するのか決めた方が良いでしょう。

個人・業者の現金化メリットまとめ

現金がどうしても手元に必要な時というのは確かにありますが、そんな時に有効なものとしては消費者金融などのキャッシングがあります。

ですがキャッシングというものはまず審査を通過しないといけないので万が一落ちてしまうと借入が出来なくなるのは当然ですね。

 

そういう人におすすめされるのがクレジットカードの現金化というものであり、こちらはすでにクレジットカードを持っている場合には特に追加で審査が要らないというのが大きな違いとなっています。

クレジットカード現金化にはいくつかの方法がありますが、主に、個人でする場合とネットなどの専門業者を利用する場合の2種類があります。

個人の現金化

個人での現金化に関してはギフト券などをクレジットカードで購入した後に自分の足で換金ショップなどに行って、ギフト券などを売ることによって現金化を行います。

 

こちらは換金率がかなり高めとなる一方で自分の近所に換金ショップが無いなどの場合には、日数もかかり、とても面倒くさい手続きになるのがデメリットでしょう。

業者の現金化

一方でクレジットカード現金化の専門業者を使う場合には、インターネット上でその業者が指定する商品を購入して、そして振込をする自分の口座などの個人情報を登録することによって簡単に現金化が出来るようになっています。

 

早いお店だと一時間以内に現金化をしてくれて振込が完了となるため急ぎの現金化という点ではこちらを利用する方が圧倒的に早いのですが、デメリットとしてはその分手数料だけ換金率が低下するという点もあるので注意してください。